人材情報管理の強い味方

information

  • 高まる採用管理システムの需要

    採用管理システムの必要性 新卒、中途採用に関わらず、人材の採用…

    » MORE

  • 人材情報管理の強い味方

    採用情報を一元化 採用に関する業務情報を一元化できる採用管理シ…

    » MORE

  • 会社経営の効率化をサポート

    管理システム導入企業も増加 企業にとって、そこで働く人材という…

    » MORE

採用情報を一元化

採用に関する業務情報を一元化できる採用管理システムは、主に企業への候補者と企業内でのコミュニケーション機能を搭載しているのがメリットとなります。なぜなら、候補者とのメールを一元管理できるので、メールを見落とすのを防げるだけでなく候補者と面接の日程調整を行いやすくなるからです。また、採用管理システムは採用担当の面接官同士のコミュニケーションで行えるシステムにもなります。なので、採用管理システムによって企業の担当者側において、候補者の1人でも対応の遅れを防ぐことが可能になります。
さらに、企業の候補者への伝達ミスや伝達遅れを防ぐことで、企業の印象が悪くなるのを防ぐこともできます。つまり、採用管理システムは採用に関する情報を一元管理することにより、企業側のミスを減らせるメリットが存在します。その影響により、企業内の業務メールで候補者からのメールが埋もれるのを防止することで、システム上でやり取りを行うことができます。ちなみに、採用担当者が突然変わったとしても候補者からのメールを探し出せるので、候補者の都合の良い日に面接日を設定しやすくなります。採用管理システムを導入するメリットは、企業内での採用情報の管理を一元化しつつ情報漏れによって候補者に対応が遅れるのを防げることにあります。

採用管理システムによるデータ管理

採用管理システムの中でも、企業側の担当者が頻繁に使う機能は候補者管理機能になります。それと同時に、進捗管理機能も多用することになりますが、雇用形態ごとにエントリーフォームを分けることができます。そのため、候補者のデータ管理や選考の進捗管理に割く労力やコストを削減できるので、採用担当者の負担を減らせます。さらに、部門ごとに採用している企業であれば、採用に関する情報を採用管理システム上で一元管理できるので、情報漏れするリスクを減らすことができます。また、企業内で1人でも採用に反対する人がいると、企業に候補した人の採用を見送る傾向にありますが、採用管理システムでは掲示板的な機能が備わります。つまり、候補者の面接を担当した面接官同士で意見を交わせるので、採用に関する情報を面接官同士で共有しやすくなります。
他にも、採用担当者となる面接官には給与面も重要な情報となるので、システム上で情報共有することで優秀な人材を採用しやすくなります。採用管理システムによるデータ管理は、候補者のデータを一元管理できる上に、採用担当者の負担を減らすことも可能になります。よって、採用管理システムを活用することは即戦力となる人材を企業に迎えるポイントに繋がります。

Copyright(C)2017 多くの企業で採用管理システムが導入されている理由を解説 All Rights Reserved.